博多ぶらぶらって美味しいの?【お土産にも人気のお菓子を食べてみた】


おやつに「博多ぶらぶら」という和菓子を食べました。

今回のお菓子も「生協の宅配おうちコープ」で購入した博多のお菓子です。


博多ぶらぶらは、昭和4年創業の博多の和菓子屋さん「博多菓匠 左衛門」の商品。


「北海道産の小豆で求肥を包みました。
自然で素朴な風味が持ち味、左衛門自慢の博多銘菓です。」(箱に入っていた商品案内より)

スポンサーリンク

博多ぶらぶらを食べた感想

求肥+あんこ、餅+あんこ って大好きなので、
期待を込めて開封しました。


商品説明によると「小豆で求肥を包みました」とのことですが、
求肥にこしあんを付けたといった感じです。





博多ぶらぶらは一口サイズ。

アルミカップに入っていて手作り感があります。


ただ、求肥がアルミカップにくっついて取りにくいです。

求肥が柔らかいので、かなり伸びます。


取り出してみると、求肥の下側の方があんこが多かったです。


さあ、いよいよ実食

と、ここまでは良かったんですが、
食べてみると・・・


あんこがしょっぱい。

あんこに入った塩が効き過ぎです。

甘さをあまり感じません。

とにかくしょっぱい。


不味いとまでは言いませんが、(私的には)美味しくはないです。

求肥+あんこという私の好きな組み合わせのお菓子ということで、
期待していた分、がっかりでした。


スポンサーリンク

博多菓匠 左衛門の博多ぶらぶら

博多菓匠 左衛門の博多ぶらぶらは、福岡のお土産としても人気のお菓子。

過去には、第19回 全国菓子大博覧会 内閣総理大臣賞受賞だそうです。


【価格】6個入り 600円(税込)~

【賞味期限】到着後約2週間(今回購入したもの)

【原材料】
砂糖、小豆(北海道十勝産)、オリゴ糖、餅粉、米粉、麦芽糖、水飴、食塩、ゼラチン、トレハロース、グリシン、pH調整剤、乳化剤
※原材料の一部に乳成分を含む


通販でも購入可能です。

⇒ 博多ぶらぶらの通販はこちら(楽天市場)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする