茨城水戸のお土産に もとやの吉原殿中というお菓子をもらった

姉が茨城県の水戸へ行ってきたと言って

菓舗もとや 吉原殿中

というお菓子をお土産にくれました。


スポンサーリンク

茨城のお土産としても人気の吉原殿中

吉原殿中(よしわらでんちゅう)は、
茨城県水戸市の銘菓として古くから親しまれているお菓子。

もち米でできたあられを丸い棒状に水飴で固めて、
黄な粉をまぶしてあります。


そう聞いて、埼玉県熊谷の銘菓「五家宝」に似ている
と思う方もいるかもしれませんね。

実は「五家宝」は、
この吉原殿中をもとに改良して作られたという説もあるそうです。


吉原殿中は、水戸菓子工業協同組合に加盟する
菓舗もとや、亀印製菓、あさ川製菓、前田屋製菓、吉田屋、井熊総本家
などで作られています。


スポンサーリンク

菓舗もとや 吉原殿中

私が姉からお土産にもらったのは、菓舗もとやの吉原殿中です。

菓舗もとやは吉原殿中の専門店で、
昔ながらの製法で、職人さんが手作りしているそうです。


原材料は、
国産もち米、砂糖、水飴、きな粉(大豆)。

添加物を一切使用していないので、安心して食べられます。

賞味期限は、製造日より50日です。

菓舗もとや 吉原殿中を食べた





吉原殿中は、オブラートに包まれているものが多いそうですが、
菓舗もとやの吉原殿中は、1本ずつ個包装になっていて、
オブラートには包まれていません。





長さは9cm位、太さは2cm位

見た目は一回り大きい五家宝という感じ。


ですが、五家宝のようにギュッと押し固められたような感じではなく、
また、粒が大きいので、軽い食感です。

味は、五家宝とあまり変わらないような・・・

素朴な美味しさのお菓子です。


大きさはそれほど大きくありませんが、
黄な粉がたっぷり塗してあり、案外ボリュームがあります。

なので、1本で十分満足できました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする